社員・アルバイト採用情報

仕事を知る

一緒に“挑戦”していく
仲間であるということを
誇りに思います。

スーパーバイザー
村岡 美鈴

スタッフに“気づき”をもたらす「お助けマン」

社員になって8年になります。最初は系列店で店長補佐をしていたのですが、入社2年目に社長に声をかけてもらい、トレーニングをしてもらいながら、スーパーバイザーとなりました。今は、もがみ全店とほかの系列店を巡回しながら、スタッフの接客対応や、店内が清掃できているかどうかなど、気づいたこと伝え、改善していくための仕事をしています。
会社をよくするために、数字を見つつ、足りない部分を見つけ、補う仕事。店長の相談役になったり、接客トレーナーになったり、困った事を補う「お助けマン」という感じです。
私が入社してとにかく叩き込まれたのは「気づきが大切」だということ。お客様は、たくさんある店舗からもがみを選んで来て下さっています。そんなお客様に誠心誠意おもてなしができるよう、細かいところまで気を配る。そして、気づいたらすぐ行動する。その繰り返しが大切なのです。

女性を認め、育ててくれる会社です

この会社は、女性を育ててくれる企業だと思います。私は、入社するまでは、いち主婦であり、いちパートでした。そんな私を見つけて、スーパーバイザーという責任のある役割を与えてもらったことに感謝しています。
この仕事は常に移動が多いので、話をもらったとき、嬉しいと同時に迷いもありました。私は二児の母でもあるからです。当時、子どもは小学校高学年と中学生。手はかからない年齢ではありますが、「家事や育児がなおざりになるかも…」という心配がよぎりました。しかし、家族は「やってみたら?」と背中を押してくれました。というのも、この会社は常にスタッフの家庭を大切にするような働き方をさせてくれていたからです。
サービス業というと、家庭を顧みず・・・というイメージがありますが、もがみは自分でワークライフバランスをコーディネイトできる会社です。介護や子育てに合わせてシフトを組むことができるので、私も子どもたちの行事や病気で、お休みさせていただくことも多々ありました。それを家族も分かってくれたのだと思います。女性が頑張れる環境をつくってくれる会社。「恩返ししなくちゃ!」と、仕事へのやる気も倍増します。
もがみには、とにかく「一生懸命」な方に来ていただきたいです。失敗しても構いません。ひたむきに頑張る方を応援します!心を込めて、魂を込めて取り組むと、人生に大切な何かが見つかるはずです。もがみは新しいことに挑戦していく店。私も、一緒に挑戦させていただいていることを誇りに思います。一緒に挑戦していきましょう!きっと自己成長につながるはずです。